東京ゲームショウ2022来場者に突撃ミニインタビュー!「リアル開催が嬉しい」「ソニックの大ファン」【TGS2022】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

東京ゲームショウ2022来場者に突撃ミニインタビュー!「リアル開催が嬉しい」「ソニックの大ファン」【TGS2022】

久しぶりのリアル開催となった「東京ゲームショウ2022」。気になるタイトルからコロナ対策まで。来場者の方に直撃インタビューを行いました。

ゲーム文化 イベント
東京ゲームショウ2022来場者に突撃ミニインタビュー!「リアル開催が嬉しい」「ソニックの大ファン」【TGS2022】
東京ゲームショウ2022来場者に突撃ミニインタビュー!「リアル開催が嬉しい」「ソニックの大ファン」【TGS2022】 全 5 枚 拡大写真

9月15日より9月18日の日程で開催された「東京ゲームショウ2022」。ついに念願のリアルでの開催となり、ビジネスデイ・一般公開日問わず賑わいを見せました。

Game*Spark編集部は来場者の方々に直撃インタビューを敢行。「TGS2022」に来られたゲーマーの方々に「今年のTGSに抱いた印象」や「普段遊んでいるゲーム」などを伺いました!



T.Mさん(ゲーム会社勤務 インフラ担当)

――普段はどのようなゲームで遊ばれていますか?

T.Mさん:『バトオペ』や『原神』などですね。最近発売されたものでは『メイドインアビス』を遊んでいます。

――今年の東京ゲームショウの印象をお聞かせください。

T.Mさん: 3年ぶりのリアル開催が嬉しいです。やはりオフラインだと寂しかったところがありました。

――東京ゲームショウ2022で注目しているタイトル、ブースなどはありましたか?

T.Mさん:スクエニの『スターオーシャン6』と『ヴァルキリーエリュシオン』ですね。『ヴァルキリーエリュシオン』の試遊展示には人がたくさん集まっていて良かったです。

――コロナ禍以降のオフライン開催でしたが、感染対策についてはどう感じましたか?

T.Mさん: 試遊展示でも、毎回消毒されてるので問題ないかなと思います。ビジネスデイでは安心できるけど、一般来場日はどうなるのかは気になりますね。

Dさん

――普段はどのようなゲームで遊ばれていますか?

Dさん:TGSには出展していないものの、任天堂のタイトルをよく遊びます。最近ではやはり『スプラトゥーン3』ですね。

――今年の東京ゲームショウの印象をお聞かせください。

Dさん:すごく久しぶりの開催なので、賑やかな場に来ることができて嬉しいです。SIEさんのブースがなくて残念だったものの、各社大きなブースがあって盛り上がってる印象を受けました。

――東京ゲームショウ2022で注目しているタイトル、ブースなどはありましたか?

Dさん:カプコンの『ストリートファイター6』を観にきました。『ソニックフロンティア』にも興味はあったのですが、混んでいたため断念しました。

――コロナ禍以降のオフライン開催でしたが、感染対策についてはどう感じましたか?

Dさん:可もなく不可もなくという印象です。

T・Gさん(サラリーマン)

――普段はどのようなゲームで遊ばれていますか?

T・Gさん:普段はSteamでPCゲームをしていますね。最近ハマったタイトルは『No Man's Sky(ノーマンズスカイ)』です。

――今年の東京ゲームショウの印象をお聞かせください。

T・Gさん:初めての来場なのですが、期待していたビッグタイトルの新規発表が今年はないのだなと知りました。

――東京ゲームショウ2022で注目しているタイトル、ブースなどはありましたか?

T・Gさん:インディーゲームの展示が楽しかったです。個人的には、大手のタイトルよりインディーの方が楽しいですね。

――コロナ禍以降のオフライン開催でしたが、感染対策についてはどう感じましたか?

T・Gさん:スタッフさんも消毒などで対応してくださってるけど、人がたくさん集まりがちなので、やはり厳しく対応されているわけではないのかなと……。

Mさん

――普段はどのようなゲームで遊ばれていますか?

Mさん:とにかく、ソニックの大ファンです!

――今年の東京ゲームショウの印象をお聞かせください。

Mさん:特定のタイトル目当てで初めてやってきたのですが、規模が大きくて驚いています。

――東京ゲームショウ2022で注目しているタイトル、ブースなどはありましたか?

Mさん:『ソニックフロンティア』。入場後まっすぐブースに向かったので遊ぶことが出来ました。

――コロナ禍以降のオフライン開催でしたが、感染対策についてはどう感じましたか?

Mさん:可もなく、不可もなくといった印象ですね。

内さん(ゲームプログラマー)

――普段はどのようなゲームで遊ばれていますか?

内さん:最近は、『スプラトゥーン3』ばっかりやっていますね。

――今年の東京ゲームショウの印象をお聞かせください。

内さん:ゲームハードを出している企業が出展していなくて、少し残念です。

――東京ゲームショウ2022で注目しているタイトル、ブースなどはありましたか?

内さん:『ソニックフロンティア』をやりたかったけれど、あまりの長蛇の列に諦めてしまいました。

――コロナ禍以降のオフライン開催でしたが、感染対策についてはどう感じましたか?

内さん:消毒を置いてあったから最低限はできているのでは? 平日(ビジネスデー)でそこまで混雑してなかったからそう思えたのかもしれません。



久々のリアル開催とあって喜んでいる方が多くいらっしゃるようでした。幕張メッセという現場に数々のブースが並んでいる光景には、どこか心に訴えかけるものがあったのではないでしょうか。また、目当てのブースでは『ソニック フロンティア』と答えてくださる方も多く、同時に長蛇の列に驚かれてもいました。

大きな賑わいを見せた「TGS2022」。ぜひ、来年も何事もなく開催してほしいものです。最後となりましたが、突然のインタビューに関わらず、快くお答えくださった皆様方に大変感謝いたします。どうも、ありがとうございました。また来年も、TGSでお会いできれば幸いです!


《高村 響》

高村 響

多義的に面白いことが好きです 高村 響

兵庫県生まれ。子供の頃からゲームを初めとしたサブカル全般にハマっていたものの、なぜか大学にて文学研究で博士課程まで進むことに。本が好きで、でも憎い。純文学を中心とした関係性の中で生きていたが、思うところあってゲームライターに転向。その結果、研究のさなかゲームをしまくっていたことが恩師にバレつつある。 読んでくださっている皆様、どうぞよろしくお願いします。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集