時間泥棒なゲーム『RimWorld』がSteam Deck対応―これで寝転びながら遊べる!【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

時間泥棒なゲーム『RimWorld』がSteam Deck対応―これで寝転びながら遊べる!【UPDATE】

PCでも時間泥棒なあのゲームが、いよいよSteam Deck対応に。 布団やソファの上に寝転びながら、きっと寝落ちは不可避でしょう。

PC Windows
時間泥棒なゲーム『RimWorld』がSteam Deck対応―これで寝転びながら遊べる!【UPDATE】
時間泥棒なゲーム『RimWorld』がSteam Deck対応―これで寝転びながら遊べる!【UPDATE】 全 3 枚 拡大写真

2018年に発売されたSFコロニー運営シミュレーションの『RimWorld』ですが、この度Steam Deckに対応することが発表されました。先の3月17日からは既にMODの互換性の確認を主な目的としてベータブランチによるテストが行われていましたが、今回のupdate 1.3.3326にて正式に完全対応になるとのことです。

RimWorld』は事故で惑星上に不時着した複数の入植者に対し、指示を与えることで自コロニーを運営・発展させ、やがては地上で宇宙船を建造し再度宇宙に帰還することが最終目的となるゲームです。農業や狩猟による飢餓の克服、新技術の研究と様々なアイテムの生産による自給自足の確立と維持、また武装した敵や凶暴な野生生物からの防御といった多くのイベントに対し様々な手段を駆使して対処し、時にプレイヤーは入植者や作物に蔓延する病気に嘆き、入植者の心的ストレスによる精神崩壊に苦悩し、あるいは亡命者の処遇に苦慮することとなります。

今回のSteam Deckへの対応に際し、update 1.3.3326では主にSteam Deck上でのタッチスクリーンスクロールの改良やズーム速度の高速化といった操作面での改良が図られています。詳細についてはこちらで確認することが出来ます。

なお、今回の発表文の中で、ウクライナに住んでいた開発メンバーが無事ドイツに辿り着け、安全を確保できたことを明かしており、開発チームへの思いやりと温かいコメントに感謝の意を表明しています。

※UPDATE(2022/4/7 23:35):記事内の誤字を修正し、再公開しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。


《K.K.》

K.K.

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集