『タクティクスオウガリボーン』再リメイクで全部くっきり!ヴァレリア諸島地図の文字を読んでみよう【ゲームで英語漬け#125】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

『タクティクスオウガリボーン』再リメイクで全部くっきり!ヴァレリア諸島地図の文字を読んでみよう【ゲームで英語漬け#125】

今回はヴァレリア文字解読に挑戦します。

連載・特集 特集
『タクティクスオウガリボーン』再リメイクで全部くっきり!ヴァレリア諸島地図の文字を読んでみよう【ゲームで英語漬け#125】
『タクティクスオウガリボーン』再リメイクで全部くっきり!ヴァレリア諸島地図の文字を読んでみよう【ゲームで英語漬け#125】 全 10 枚 拡大写真

『タクティクスオウガリボーン』では、1995年に発売した『タクティクスオウガ』から2度目のリメイクを経て初のHD対応を果たし、高解像度化で様々な部分がくっきりと見えるようになりました。そこで気になるのは、やはり全体マップに書かれている様々な文字。地名以外にも文章がいくつか書いてあり、ヴァレリアの文字を解読するのに役立ちます。

Reading/The Valerian Map

The Valerian Isles

The Valerian Isles in the Obero Sea number fifteen in all large and small from the blizzard breathed Bridania flats to the volcanic slopes Hedon and Weobry
Six ancient strongholds ring the islands providing defense to their peoples the Galgastani most numerous then the Bakram then Walister

ヴァレリア諸島
オベロ海に浮かぶヴァレリア諸島は、吹雪が吹き荒ぶブリダニア平原から活火山のヘドンとウェオブリまで、大小様々な15の島から成る。
島には6つの古の要塞が点在して人々を守っている。ガルガスタン人が最も多く、次いでバクラム人、ウォルスタ人となる。

  • Most ~, then ~:~が最も多く、次いで~

Bakram - Valerian Kingdom

Once the ruling class the Bakram declared independence soon after the Dynast king(‘)s passing

バクラム―ヴァレリア王国
かつて支配階級だったバクラム人は、王の逝去後間もなく独立を宣言した。

Kingdom of Galgastan

By count of heads more than the thirds of the valerian isles is Galgastani governed by Hierophant Balbatos

  • Hierophant:教皇、司祭

ガルガスタン王国
ヴァレリア諸島の三分の一以上の人口を占めるガルガスタン王国は、バルバトス枢機卿によって統治されている。

  • More than the thirds of ~:~の三分の一以上

The Walister Resistance

Outnumbered the Walister fight hard for the right of self rule

ウォルスタ解放軍
数で劣るウォルスタ人は自治権を求めて徹底抗戦する。

  • Outnumber:数で勝る

The Zeteginean Age of Valeria Islands

ゼテギネア時代のヴァレリア諸島

In decent years the holy Lodissian Empire in the northern region of Galicia has swallowed its neighbors becoming a considerable threat

この数年北ガリシア地方の聖ローディス帝国は近隣諸国を併合し、脅威と見做されるようになった。

  • Swallow:呑み込む、合併する

The Scale of Valeria Miles
ヴァレリアマイル縮尺

上の部分の標語部分は違う文字が使われているようです。これ以上拡大できないので判別はできず、この時代以前の古い文字かもしれません。

こちらも書体が変わって読めない文字もありますが、右下の円形部分には「Her Goddess Vaasa」などエレメントの神について書かれているようです。

英文ベースの解読は「The」「A」「To」「Of」などの冠詞、前置詞から初めて文字を拾っていくのが定石。そこから大半は判別できていけるのですが、出現頻度が低いのが「X」「Y」「Z」で、この地図の中で「X」は「Six」の一回しか使っていません。ヴァレリア文字では原型とは大きく異なる形、しかも直前の「I」とくっついているので特定は時間がかかりました。

大文字小文字で形は変わりませんが、キャピタライズされているものは揃っている上下幅から飛び出しています。コンマ、アポストロフィなどの記号がないことに注意すれば、大きめの文字で書いてあるので、地名の方も是非読んでみてください。


タクティクスオウガ リボーン -PS5
¥2,743
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《Skollfang》

好奇心と探究心 Skollfang

ゲームの世界をもっと好きになる「おいしい一粒」をお届けします。

+ 続きを読む

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集