新発表のOLED版Steam Deckはあくまで「顧客意見を元にしたアップグレード」―次世代「Steam Deck 2」はまだ数年以上先、Valve改めて姿勢鮮明に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

新発表のOLED版Steam Deckはあくまで「顧客意見を元にしたアップグレード」―次世代「Steam Deck 2」はまだ数年以上先、Valve改めて姿勢鮮明に

改善モデルでは流通問題が回避できそうであるとの見通しや、次世代機への開発意欲の高さについても述べられています。

ゲーム機 ハードウェア
新発表のOLED版Steam Deckはあくまで「顧客意見を元にしたアップグレード」―次世代「Steam Deck 2」はまだ数年以上先、Valve改めて姿勢鮮明に
新発表のOLED版Steam Deckはあくまで「顧客意見を元にしたアップグレード」―次世代「Steam Deck 2」はまだ数年以上先、Valve改めて姿勢鮮明に 全 2 枚 拡大写真

新型モデルの発売が発表され、再注目を浴びるValveのポータブルゲーミングPC「Steam Deck」ですが、今回発表されたモデルはあくまで第1世代のアップグレード版であると開発者が語りました。

新型は顧客のフィードバックに基づく改善モデル

プロダクトデザイナーのローレンス・ヤン氏が海外メディアのブルームバーグに語ったところでは、新型の「Steam Deck OLED」は発売からの何か月にも渡る顧客からのフィードバックに触発されて生まれたものだとのこと。ディスプレイの改善やバッテリー寿命の延長、冷却性の向上といった細かな改善はあるものの劇的なパフォーマンスの変化が期待できるものではないとしています。

ヤン氏は「実現できていればと願っていたことの全てです。」と語るとともに、発売当初同社と消費者を悩ませた流通の問題についても、今回は回避できそうであることを自信をもって述べたといいます。

次世代機は2~3年後と語るも、高い開発意欲示す

ヤン氏曰く、チームは「次世代」のパワーを持つ「Steam Deck 2」へ取り組む予定と話しましたが、実際に入手可能になるまではまだ2~3年がかかると発言。これは過去にインタビューへ回答した開発者の意見と一致しています。


ヤン氏は「私たちはSteam Deckに多大な投資を行っており、社内の多くの人がこの製品に熱意を持っています。」と社を挙げての開発意欲の高さを表明。まだまだ先の話ではありますが、次世代「Steam Deck」への期待も高まります。

《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集