1周年を迎えた「メガドラミニ2」はどっち? “今買えるミニ、買えないミニ”復刻ゲーム機の現状 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

1周年を迎えた「メガドラミニ2」はどっち? “今買えるミニ、買えないミニ”復刻ゲーム機の現状

ちょうど1年前の10月27日に、「メガドライブ ミニ2」が発売されました。このタイミングに合わせ、これまで発売されたミニ機が今も手に入るのか、中古市場の動向をチェックしてみました。

連載・特集 特集
1周年を迎えた「メガドラミニ2」はどっち? “今買えるミニ、買えないミニ”復刻ゲーム機の現状
1周年を迎えた「メガドラミニ2」はどっち? “今買えるミニ、買えないミニ”復刻ゲーム機の現状 全 14 枚 拡大写真

時代と共にゲーム機の性能は進化を続け、1世代違うだけで大きな飛躍を遂げることもありました。そうした性能競争が激化していく中、任天堂が2016年に発売した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(以下、ミニファミコン)は、むしろクラシックな方向に舵を切ったゲーム機として、多くのゲームファンを驚かせました。

かつて一世を風靡した名機「ファミリーコンピュータ」の復刻版として、見た目はほぼ同一ながら手のひらに収まるほどのサイズに縮小。ゲームカセットは挿せませんが、30本ものファミコンソフトを収録しており、懐かしいタイトルの数々を遊ぶことができました。

この「ミニファミコン」の成功を機に、様々なゲーム機を小型化して復刻させる、いわゆる「ミニ」化の動きが活発になりました。直近でも、ちょうど1年前の10月27日に「メガドライブ ミニ2」(以下、メガドラミニ2)が発売されており、昨年の盛り上がりを記憶に留めている方も多いことでしょう。

「ミニファミコン」から「メガドラミニ2」まで、当時人気を博したゲーム機の復刻版がいくつも登場しており、発売日に購入した人もいれば、いつか手に入れようと考えている方もいることでしょう。ですが、中にはすでに入手しにくいミニ機もあるのはご存じでしょうか。

果たしてどのミニ機がまだ入手可能で、そしていずれが購入難度高めなのか。中古市場におけるミニ機の現状へと迫ります。

なお今回は、家庭用の据え置き機として登場したゲーム機の「ミニ」に絞ってお届けします。

■「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」:2016年11月10日発売

「ミニ」化の流れを生み出すきっかけとなった「ミニファミコン」は、ファミコンブームの火付け役『スーパーマリオブラザーズ』や、世界的に支持されている人気シリーズの原点『ゼルダの伝説』など、任天堂ブランドの礎を築いた名作たちを収録。

また他社のゲームも、当時の高難易度アクションの代名詞とも言える『魔界村』に『忍者龍剣伝』、横スクロールSTGの名作『ギラディウス』、ファミコンRPGの代表的な存在『ファイナルファンタジーIII』など、誰もが納得する名作が多数揃っています。

30本のファミコンソフトが楽しめる「ミニファミコン」は、5,980円(税別)というお手頃価格で登場。単純にゲームの本数で割ると、1本あたり約200円。コストパフォーマンスの面から見ても、かなりお得なゲーム機です。

そのため発売当時は人気が高く、各店舗で品切れを起こすことも多々。時期によってはかなりの入手難でしたが、今現在の販売状況はといえば、中古市場なら希望小売価格と同程度で購入できます。

生産が終了しているため新品での入手は難しく、プレミア価格で販売しているところもあるほど。ですが中古でもよければ、今は5,000~6,000円台で取り扱う店が多いので、さほど問題なく手に入れられる範疇です。

また、カラーリングや収録タイトルが異なる「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」が7,980円(税別)で発売されましたが、こちらの現在の中古相場は7,000円前後の模様です。

「ミニファミコン」と週刊少年ジャンプバージョンは、中古なら希望小売価格とあまり変わらない出費で今も手に入れることができる、と言っていいでしょう。



  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]