『Cities: Skylines II』パフォーマンス問題はレンダリングが原因か―最低30FPSを目標に改善パッチが配信予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

『Cities: Skylines II』パフォーマンス問題はレンダリングが原因か―最低30FPSを目標に改善パッチが配信予定

アップスケーリング技術の取り入れも検討中とのことです。

PC Windows
『Cities: Skylines II』パフォーマンス問題はレンダリングが原因か―最低30FPSを目標に改善パッチが配信予定
『Cities: Skylines II』パフォーマンス問題はレンダリングが原因か―最低30FPSを目標に改善パッチが配信予定 全 3 枚 拡大写真

Paradox Interactiveは、都市建設シム最新作『Cities: Skylines II』におけるパフォーマンスの問題について、対処策や今後の目標を公開しました。

安定しないパフォーマンス、レンダリングが原因か

本作は10月25日にリリースされた都市建設シム『Cities: Skylines』の最新作。発売されてすぐにSteamでプレイヤー数が10万人以上を記録する人気を博している一方、パフォーマンス問題についても指摘されてきました。



そんな中パブリッシャーであるParadox Interactiveは、Steamにて「Performance」と題された文章を投稿。パフォーマンス改善について対処策や、今後の目標が述べられています。

投稿によると、安定したパフォーマンスがでない原因はゲームのレンダリングにあると考えられているようです。被写界深度やグローバルイルミネーション、ボリューメトリックなど、ビジュアルエフェクトの質を下げることで安定したパフォーマンスを得られるとのこと。具体的な対処策として「解像度を1080pに下げる」「被写界深度とボリューメトリックを無効にする」「グローバルイルミネーションを減らす」などが挙げられています。

パフォーマンス改善のためパッチが配信予定

今後はパフォーマンス改善のためのパッチを当てていき、GPUパフォーマンスの最適化、CPUの最適化などを進めていくといいます。アップスケーリング技術の取り入れも検討中とのことです。最低30FPSの安定動作を目標としつつ、最適化作業を進めていくとしています。

《DH》

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]