『ファイナルファンタジー16』には、「エヴァンゲリオン」のオマージュがある?イフリートと初号機の攻撃に共通点 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

『ファイナルファンタジー16』には、「エヴァンゲリオン」のオマージュがある?イフリートと初号機の攻撃に共通点

『FF16』体験版にも含まれるあのシーンで、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオマージュがみられるようです。

家庭用ゲーム PS5
『ファイナルファンタジー16』には、「エヴァンゲリオン」のオマージュがある?イフリートと初号機の攻撃に共通点
『ファイナルファンタジー16』には、「エヴァンゲリオン」のオマージュがある?イフリートと初号機の攻撃に共通点 全 5 枚 拡大写真

※本稿には『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』の冒頭数時間(体験版の範囲)と、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」第弐話「見知らぬ、天井」までの内容のネタバレを含みます。ご留意ください。

6月22日に発売されたシリーズ最新作『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』では、過去の『ファイナルファンタジー』シリーズに通じる多くのオマージュを含んでいることは弊誌でも取り上げてきましたが、それ以外のオマージュも見られるようです。海外メディアが報じています。



◆イフリートがエヴァ初号機と同じ動きをしている?

これは海外掲示板(resteraリンク先に比較有り)のとあるユーザーが投稿したもので、『ファイナルファンタジー16』プロローグで描かれる召喚獣バトルにおけるカットシーンの一部分が、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」第弐話「見知らぬ、天井」にそっくりであると指摘しているのです。

『ファイナルファンタジー16』におけるこのシーンは、火の召喚獣であるフェニックスとイフリートの戦いを描いたもので、イフリートがフェニックスにとどめを刺そうとし、それを主人公・クライヴがやめるように懇願する悲痛なシーンです。

一方「新世紀エヴァンゲリオン」の第弐話は、舞台である第3新東京市に現れた使徒「サキエル」とエヴァンゲリオン初号機の戦いにおいて、暴走した初号機がサキエルのコア(心臓のようなもの)を破壊しようとするとシーンであり、制御を失ったエヴァの恐ろしさと暴力性を描いたもの。

これを開発側が意図したと断言することはできませんが、両者を見比べると確かに構図や攻撃の方法などもそっくりです。一般的な攻撃の仕方であり偶然であるという見方もできますが、クライヴが攻撃をやめるように懇願する様子は、「新世紀エヴァンゲリオン」の後に登場するシーンで碇シンジが見せるそれに極めて近いことから、偶然以上のなにかがあるのでは?と憶測を呼んでいます。


『ファイナルファンタジー16』では「ゲーム・オブ・スローンズ」と似た特徴を持ったキャラクターが登場するなど、多くのエンタメ作品からの影響が感じ取れます。ふとしたシーンを気に掛けてみると新たな発見があるかもしれません。


PlayStation 5 “FINAL FANTASY XVI” 同梱版(CFIJ-10007)
¥67,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《Okano》

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集