『ポケモンSV』オフライン決勝へ繋がる重要な大会で複数の不具合が確認―運営側は参加者へメールで謝罪、統計はとれていると強調 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

『ポケモンSV』オフライン決勝へ繋がる重要な大会で複数の不具合が確認―運営側は参加者へメールで謝罪、統計はとれていると強調

追加の対応も含めて検討しているとのこと。

ゲーム文化 eスポーツ
『ポケモンSV』オフライン決勝へ繋がる重要な大会で複数の不具合が確認―運営側は参加者へメールで謝罪、統計はとれていると強調
『ポケモンSV』オフライン決勝へ繋がる重要な大会で複数の不具合が確認―運営側は参加者へメールで謝罪、統計はとれていると強調 全 1 枚 拡大写真

5月14日(日)に行われた、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の公式大会「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2023(以下、PJCS2023)」ゲーム部門にて、複数の不具合が起こっていると話題を集めました。運営側はこれに対して参加者にメールで不具合の内容を説明、謝罪しています。

PJCS2023は『ポケモン』バトルの日本一を決める大会です。年齢によってジュニア・シニア・マスターの3つに分けられたカテゴリのなかで予選を勝ち抜いた各カテゴリ上位150名が、5月14日に行われた本戦に挑みました。

本戦は6月10日・11日に行われる決勝に続く重要な戦いです。しかし、不具合によって対戦した回数や自身のレートを確認することができないほか、一度対戦した相手と再びマッチしてしまう、意図した画面が表示されないなどの不具合が確認されたとのこと。

これについては現在原因を特定している最中であり、調査結果次第では追加の対応も検討していくとしています。

なお、今回行われた大会のデータは問題なく取れており、本戦の成績を不当に無効にすることはないと説明しています。

《Okano@RUGs》

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集