明暗表現が秀逸なホラーADV『Anthology of Fear』日本語にも対応でリリース―徐々に解き明かされる真実 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

明暗表現が秀逸なホラーADV『Anthology of Fear』日本語にも対応でリリース―徐々に解き明かされる真実

高品質なグラフィックが恐怖感を高めます。

ゲーム文化 インディーゲーム
明暗表現が秀逸なホラーADV『Anthology of Fear』日本語にも対応でリリース―徐々に解き明かされる真実
明暗表現が秀逸なホラーADV『Anthology of Fear』日本語にも対応でリリース―徐々に解き明かされる真実 全 4 枚 拡大写真

100 GAMESおよびGamersky Gamesは、100 GAMESとOhDeer Studioが共同開発したホラーアドベンチャー『Anthology of Fear』をWindows向けに発売しました。

兄弟の失踪についての謎を追う

本作は兄弟が失踪したことの謎を追っていく一人称視点のホラーアドベンチャー。チャプターに別れたストーリーではそれぞれの中で共通の悲劇が描かれており、不穏な現実と異世界の狭間を探索して兄弟を探していきます。失踪に関わった人々の記憶を探る中では、説明不能な超常現象を経験していくことにもなります。

日本語にも対応で、無料デモ版が配信中

そんな本作は15言語に対応しており、日本語も含まれています。ストアページから無料で入手可能なデモ版(こちらは日本語に未対応)もあり、光と闇の表現が秀逸なグラフィックがより恐怖をかき立てるゲームプレイの一部を試すことができます。


『Anthology of Fear』は、Windows向けにSteamにて1,700円(3月25日まで1,190円)で配信中です。


《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集