圧倒的クオリティの個人制作SFハクスラACT『Morbid Metal』久々の開発映像!アクション満載の巨大ボス戦をチラ見せ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

圧倒的クオリティの個人制作SFハクスラACT『Morbid Metal』久々の開発映像!アクション満載の巨大ボス戦をチラ見せ

ローグライト要素もあるスタイリッシュな三人称視点SFアクション。

PC Windows
圧倒的クオリティの個人制作SFハクスラACT『Morbid Metal』久々の開発映像!アクション満載の巨大ボス戦をチラ見せ
圧倒的クオリティの個人制作SFハクスラACT『Morbid Metal』久々の開発映像!アクション満載の巨大ボス戦をチラ見せ 全 10 枚 拡大写真

デベロッパーのFelix Schade氏は、PC(Steam)向けに制作中のSFハクスラACT『Morbid Metal』の開発映像を自身のTwitterにて公開しました。

本作はローグライト要素のある三人称視点のハクスラアクション。個人制作とは思えないほどの美麗で圧倒的なグラフィックと、ダイナミックでスタイリッシュな近接アクションが魅力的です。

ゲームプレイでは、ユニークなアビリティを持つ4種類のキャラクターをリアルタイムに変身(シェイプシフト)させることで強力なコンボを繰り出したり、移動が困難な地形から脱出できたりするようです。また、敵を倒したりレベルをクリアするたびに、アップグレードや新しいバトル方法をアンロックできキャラクターを強化していきます。

公開された映像では、巨大ボス相手にフィールドを縦横無尽に駆け回りながら、攻撃中に「変身」してコンボを爽快に決める様子を垣間見ることができます。

主な特徴

  • アクション満載の戦闘

  • リアルタイムのシェイプシフティング

  • スタイリッシュなコンボ

  • 次世代グラフィック

  • 多様な環境

  • 半順序的に生成されるレベル

  • ランベースのローグライトゲームプレイ

  • ユニークで満足度の高いアップグレード

  • 恒久的なアップグレードとキャラクターのアンロック

  • 遠い未来の豊かな伝承と魅力的な世界観

圧倒的クオリティの個人開発SFハクスラアクション『Morbid Metal』はPC(Steam)向けに近日登場予定です。

※UPDATE(2023/1/14 9:25):見出しを修正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。





《DOOMKID》

心霊系雑食ゲーマー DOOMKID

1986年1月、広島県生まれ。「怖いもの」の原体験は小学生の時に見ていた「あなたの知らない世界」や当時盛んに放映されていた心霊系番組。小学生時に「バイオハザード」「Dの食卓」、中学生時に「サイレントヒル」でホラーゲームの洗礼を受け、以後このジャンルの虜となる。京都の某大学に入学後、坂口安吾や中島らもにどっぷり影響を受け、無頼派作家を志し退廃的生活(ゲーム三昧)を送る。その後紆余曲折を経て地元にて就職し、積みゲーを崩したり映像制作、ビートメイクなど様々な活動を展開中。HIPHOPとローポリをこよなく愛する。

+ 続きを読む

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]