Steam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも即対策される/『FF14』公式グッズが問題多発で交換対応/みんな大好き『NIKKE』コスプレフォトレポ【週刊スパラン12/2~】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

Steam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも即対策される/『FF14』公式グッズが問題多発で交換対応/みんな大好き『NIKKE』コスプレフォトレポ【週刊スパラン12/2~】

1週間のゲーム業界の話題もこれを見るだけ!

連載・特集 特集
Steam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも即対策される/『FF14』公式グッズが問題多発で交換対応/みんな大好き『NIKKE』コスプレフォトレポ【週刊スパラン12/2~】
Steam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも即対策される/『FF14』公式グッズが問題多発で交換対応/みんな大好き『NIKKE』コスプレフォトレポ【週刊スパラン12/2~】 全 10 枚 拡大写真

2022年12月2日(金)~2022年12月8日(木)にGame*Sparkで公開された記事から、今週読まれた記事トップ5をご紹介する週刊ゲムスパランキング、略して週刊スパランのお時間です。1週間のおさらいをしたい、忙しいから手早く知りたいという方にもおすすめです!

5位―『FF14』「エルピスの花」模したグッズが問題多発で交換対応

12月3日に発売開始された『ファイナルファンタジーXIV フラワーライト <エルピスの花>』に関して、「葉っぱが折れている」という問題が多発していることが判明しました。これを受けて、スクウェア・エニックスは、交換対応することを発表。葉っぱが折れているなどの不備があった場合は、サポートセンターまで連絡するようにとの案内がされています。

本商品は、『FF14』「暁月のフィナーレ」に登場する、ストーリー上で非常に大きな役割を果たしている「エルピスの花」を再現した“フラワーライト”。2022年9月22日より予約が開始され、12月3日から発売が開始されていました。

再送した商品にも不備が見られる場合や12月8日までの連絡が難しい場合で、12月17日、18日に開催されるオーケストラコンサートに来場する購入者に関しては、会場内の交換窓口で不良品と良品の交換対応をするとも案内されています。


4位―日本向け販売中止の『The Callisto Protocol』発売

2022年12月2日、『Dead Space』シリーズの影響を強く持つSFサバイバルホラー『The Callisto Protocol』が発売されました。

本作は、木星の衛星「カリスト」を舞台に『Dead Space』などを手がけたグレン・スコフィールド氏が描く宇宙SFサバイバルホラー。日本ではCEROレーティング取得ができなかったことを理由に販売が見送られています。なお、SNS上では各プラットフォームの北米版の並行輸入の他、マイクロソフトストア・Steamなど各オンラインのストア閉鎖前の予約購入等により入手した声も多数みられ、ゲームには事前にアナウンスされていた通り完全な日本語データが含まれている様です。運よく入手できた編集部でも字幕、音声、およびUIの日本語収録を確認しています。


3位―『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

CEROレーティング取得ができなかったことを理由にリージョンロックされている国内Steam版『The Callisto Protocol』が、一時的に「抜け道」を使って購入できたようです。

『The Callisto Protocol』がリージョンロックが掛けられる前はSteam版ストアページにアクセスでき、その時にウィッシュリストに登録していたユーザーは、リスト経由で購入することができたとのことです。しかしSteamDBによると、日本時間12月6日の午前6時頃に購入制限が追加され、対策されてしまいました。

その後、CEROレーティングが関係しないPC版やIARCレーティングで販売予定となっていたXbox版も購入できなくなり、現在も正規の購入ルートが絶たれた状態です。


2位―淫魔ACT『Succubus』最後の大拡張DLC配信日発表

Madmind Studioは、淫魔ACT『Succubus』の拡張DLC「Red Goddess」をPC(Steam)向けに12月23日リリースすると発表しました。

本作は、地獄ホラー『Agony(Agony UNRATED)』に登場する淫魔サキュバスを主人公にしたスピンオフ的作品で、過激なエログロ表現とアクション性が特徴。今回で最後にして最大となる予定のDLC「Red Goddess」では、残酷で美しい新プレイアブルキャラクター「紅の女神」の登場や血を型どって作られた新武器、2つの新ストーリーレベル、新たな行為シーン、メインハブの新たなカスタマイズ機能、オンラインリーダーボードのある新しいランキングアリーナなどさまざまなコンテンツが追加されます。


1位―『勝利の女神:NIKKE』アリスに扮した公式コスプレイヤーフォトレポ

11月17日から11月20日まで、韓国・釜山のコンベンションセンターBEXCOで開催された「G-STAR 2022」。その中で、日本でリリースしたばかりのガンガールRPG『勝利の女神:NIKKE』も出展しており、公式コスプレイヤー7人を起用した撮影会が開かれました。

『勝利の女神:NIKKE』は、iOS/Android向けに配信中の背中で魅せるガンガールRPG。ハイクオリティなキャラクターグラフィックと壮大なシナリオなどを特徴しており、2022年11月14日には全世界累計1,000万ダウンロードを達成しています。

「G-STAR 2022」では豪華ノベルティ配布、ステージイベント、イベント恒例となっている射的ゲーム、コスプレイヤーを起用した撮影会といった施策を展開。特にフォトスポットでの公式コスプレイヤー撮影では、連日多くのカメラマンがひっきりなしに訪れ大きな囲みができるほど盛況でした。

本誌では3日目にアリスに扮した韓国コスプレイヤー・DyangYi(@DyangYiさんを1対1で撮影する機会をいただき、フォトレポートにてお届けしています。


今週最も読まれた記事は、先週の「ラピ」フォトレポートに引き続き、『勝利の女神:NIKKE』の話題に!同作の人気キャラクターのコスプレ囲み撮影(写真69枚)の様子掲載していますので気になる方は併せてご覧ください。



Scars Above(スカーズ アバブ) -PS5
¥6,578
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《neko》

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集