入手が大変すぎる武器…『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』リアルマネー絡むアンロック取引行為が横行 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

入手が大変すぎる武器…『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』リアルマネー絡むアンロック取引行為が横行

「DMZ」モードを使った取引が横行。

ゲーム文化 カルチャー
入手が大変すぎる武器…『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』リアルマネー絡むアンロック取引行為が横行
入手が大変すぎる武器…『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』リアルマネー絡むアンロック取引行為が横行 全 2 枚 拡大写真

Activisionが発売する『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』にて、武器のアンロック代行の取引が行われているようです。

本作に登場するM13Bアサルトライフルと呼ばれる武器は、アンロックのために『ウォーゾーン2.0』の「DMZ」モードで特定のチャレンジをこなして入手し、その武器を持った状態で脱出する必要があるため、解除困難な武器のうちのひとつとされています。

そんな中eBayを通じて、平均約400円~1,000円程度で同武器を解除する取引を出品するユーザーがいるようです。仕組みとしては、出品者と購入者は同じDMZのマッチに入り、出品者が該当の武器をドロップ。購入者はそれを取得して脱出することで、武器を入手できるというものです。武器の入手数に制限はないため、理論上無限に販売して利益を得られるようです。

なお、M13Bが含まれた武器バンドルは後日、有料DLCとして販売が予定されているとのこと。しかし出品されるものを買うほうが安くつくという声もあるようで、リアルマネートレーディング行為にあたる、リスクを抱えた取引を選ぶプレイヤーも存在するようです。


【PS5】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアII
¥7,918
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
【PS4】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアII
¥7,918
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《みお》

みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集