サンドボックスVRアクションが盛況。発売初日で同接数10,000超えを記録―採れたて!本日のSteam注目ゲーム14選【2022年9月30日】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

サンドボックスVRアクションが盛況。発売初日で同接数10,000超えを記録―採れたて!本日のSteam注目ゲーム14選【2022年9月30日】

Modにも対応しており新たなマップや武器、アバターをユーザーが追加できます。

連載・特集 特集
サンドボックスVRアクションが盛況。発売初日で同接数10,000超えを記録―採れたて!本日のSteam注目ゲーム14選【2022年9月30日】
サンドボックスVRアクションが盛況。発売初日で同接数10,000超えを記録―採れたて!本日のSteam注目ゲーム14選【2022年9月30日】 全 5 枚 拡大写真

毎日数多くの新作タイトルが登場するSteam。注目度の高い新作をチェックしたいけど、リリースの流れを追いきれない、という方も多いのではないでしょうか?

そこでGame*Spark編集部が「早期アクセスや正式リリースを迎えて3日以内」「レビュー評価数が(好評・不評を問わず)100件を超えている」という条件に絞り、採れたての新作タイトルをご紹介!今Steamでどんなタイトルに注目が集まっているのか、この記事でチェックしてみてください。

EA SPORTS FIFA 23

サッカーゲームシリーズ最新作であり最後の『FIFA23』がリリースしました。本作は、リアルに進化したゲームプレイと19,000名を超える選手、700以上のチーム、100のスタジアム、30以上のリーグを収録したサッカーゲームです。今作では、アニメーション技術「HYPERMOTION2」が導入され、数百万ものフレームから描かれる6,000以上の精密なアニメーションを使用。ピッチ上のすべての選手が自然に動き、新しいドリブルシステムや加速のメカニズムなどが導入されています。

タイトル:EA SPORTS FIFA 23
対応機種:PC(Steam/Epic Gamesストア)/PS4/PS5/ニンテンドースイッチ/Xbox One/Xbox Series X|S/Stadia
発売日:2022年9月30日
価格:9,700円
日本語:あり


Dark Light(早期アクセス卒業)

デベロッパーMirari&Co.は、2020年5月より早期アクセスを実施していた2Dアクションゲーム『Dark Light』の正式版をリリースしました。ソウルライクでメトロイドヴァニア、そしてサイバーパンク世界が舞台と人気要素てんこ盛りの本作では、闇を狩るダークハンターとして超自然的生物との戦いが展開。小型無人機の光で道を照らし、闇の生物からの破片を使い武装し、活路を切り開いていきます。戦闘はスピーディで様々な銃器、近接武器、投擲物と特殊道具が登場。武器や装備の改造とレベルアップによるスキル選択要素も楽しめるようです。

タイトル:Dark Light
対応機種:PC(Steam/Epic Gamesストア/GOG.com
発売日:2022年9月30日
価格:1,730円
日本語:あり


BONELAB

本作は、未知の力を使った降霊術の疑いをかけられ死刑宣告を受けるも逃亡し、地下に隠された研究施設へとたどり着いた主人公が、困難な実験と発見に遭遇するというVRアクションゲーム。Modにも対応しており新たなマップや武器、アバターをユーザーが追加できるとしており、洗練されたリアルな物理システムにより、あらゆるものが想像通りに反応するとのことです。本日リリースされたばかりですが、すでに2,000件近いレビューを集め、ピーク時には10,000人以上の同時接続数を記録するなど盛り上がりを見せています。

タイトル:BONELAB
対応機種:PC(Steam/Meta Quest
発売日:2022年9月30日
価格:3,990円
日本語:なし


Despot's Game: Dystopian Army Builder(早期アクセス卒業)

本作は、ローグライクな戦術性と超高速バトルを組み合わせたローグライク戦術バトル。奇妙なダンジョンを舞台に、裸の人々を様々なコスチュームで武装させ、極悪非道なd'Spot率いる殺人ロボットや人食いキャベツなどと戦わせます。ダンジョンを抜けた先では、他のプレイヤーが作成した軍団とのバトルも待ち受けています。開発者インタビューも掲載しているので気になる方は是非ご覧ください。

タイトル:Despot's Game: Dystopian Army Builder
対応機種:PC(Steam
発売日:2022年9月30日
価格:2,050円
日本語:あり


Little Witch Nobeta(早期アクセス卒業)

本作は2020年6月よりSteamにて先行アクセス版がリリースされ、コミカルな美少女キャラクターとソウルライクな高い難易度のゲーム性とのギャップでSNS上では「ロリダクソ」として注目されていた3Dアクションゲームです。プレイヤーは記憶を失った小さな魔女「ノベタ」を操作し、唯一の手がかりである古城の玉座を目指すというストーリーで、戦闘ではアクション要素に加えて魔法によるシューティング要素も盛り込まれています。また、コスチュームによる着せ替え機能にも力を入れており、メイド服やセーラー服、きぐるみなど多様なコスチュームの中には、ゲーム内で一定の条件を満たすと入手できるものも含まれています。

タイトル:Little Witch Nobeta
対応機種:PC(Steam)/PS4/ニンテンドースイッチ
発売日:2022年9月29日
価格:4,200円
日本語:あり


幸せのダブルルーム(成人向け)

本作は、ビジュアルノベルスタイルの恋愛シミュレーションゲーム。ある夏の終わりに人生に打ちひしがれていた主人公は、長年付き合いのあるお姉ちゃんに拉致され、彼女との短い新生活がスタートします。CGは18枚中16枚がアニメーションに対応。アニメーション差分は全部で700種類以上が実装されています。ストーリーはボリューム感があるとのことで、複数のエンディングが楽しめます。また、ヒロインは日本語フルボイスに対応しています。

タイトル:幸せのダブルルーム
対応機種:PC(Steam
発売日:2022年9月29日
価格:1,760円
日本語:あり


Foxhole(早期アクセス卒業)

本作はプレイヤーがさまざまな役割を担って戦争を繰り広げる、見下ろし型MMOシューターです。2017年7月から早期アクセスを開始し、5年の年月を経てついに正式リリースを迎えました。バージョン1.0アップデート「Inferno」では大規模な鉄道網を構築できるようになり、戦車から物資まで重要な装備を素早く長距離輸送することが可能に。また、工業施設を建設して電力網や石油パイプライン、ドックやクレーンなどのインフラを管理して大量生産拠点を作り上げるとともに、これらの新たな物流システムを利用して火炎放射器や火炎放射戦車、焼夷弾といった新兵器の配備も可能となります。

タイトル:Foxhole
対応機種:PC(Steam
発売日:2022年9月29日
価格:3,090円
日本語:なし


Moonscars

本作は、緻密なドット絵アニメーションで描かれる高難度探索型2Dアクション。ダークファンタジーな世界観の中、自身の存在に潜む謎を解き明かすべく失敗と死を繰り返しながら困難を乗り越えていきます。技術や反射神経が要求されるアクション満載で、歯ごたえがありながら、スタイリッシュなプレイが楽しめる作品となっています。ゴア要素も特徴としており、緻密なドットで描かれた四肢欠損や鮮血が戦場を染める様子は、残酷でいて美しい出来栄えとなっています。

タイトル:Moonscars
対応機種:PC(Steam/GOG.com/Humble Store)/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One(Game Pass対応)/ニンテンドースイッチ
発売日:2022年9月28日
価格:1,980円
日本語:あり


英雄伝説 零の軌跡:改

日本ファルコムとPH3 GmbHはPC版『英雄伝説 零の軌跡:改』をリリースしました。本作は、PSP向けに2010年発売されたRPG『英雄伝説 零の軌跡』を、2020年にPS4向けに移植した『英雄伝説 零の軌跡:改』作品。繁栄と汚職、止まらぬ抗争や犯罪によって市民からの信頼を失った警察機関に新設された「特務支援課」に配属した4人の若者たちの物語を描きます。PC版では新たに、BGM情報UIやダイナミックシャドウ機能などが追加されています。

タイトル:英雄伝説 零の軌跡:改
対応機種:PC(Steam/Epic Gamesストア/GOG.com)/PS4/ニンテンドースイッチ
発売日:2022年9月28日
価格:4,378円
日本語:あり


Hokko Life(早期アクセス卒業)

本作ではどうぶつたちが暮らす街“Hokko”での新生活をスタート。引き継いだ古い作業場で素敵な家具やアイテムをクラフトしたり、服をデザインしたり、家を建築して内装をカスタマイズしたりして、住人が喜ぶ街を作り上げていきます。釣りや虫採りといったアクティビティも楽しめます。本作を開発するRobert Tatnell氏はソニーやLionheadに所属していた経験のある開発者で、「人を殺すゲームを作ることに疲れてしまった」ことが、本作の開発のきっかけになったとしています。

タイトル:Hokko Life
対応機種:PC(Steam)/PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ
発売日:2022年9月28日
価格:2,050円
日本語:あり


Grounded(早期アクセス卒業)

『Grounded』は、これまで『Fallout: New Vegas』『Pillars of Eternity』『The Outer Worlds』など、数多くの名作ゲームを手掛けたObsidian Entertainmentが、2020年7月28日に早期アクセスでリリース。小さくなった主人公たちが裏庭を舞台に、アリやクモといった虫を相手にサバイバルを繰り広げる作品です。2年と2ヶ月を経た正式版の1.0アップデートでは、待望のストーリー部分が完成するほか、これまでとは異なる新たな冒険の舞台となる新エリアを追加。新たな脅威となる敵の虫はもちろん、武器や防具、アイテムも大幅に増加します。

タイトル:Grounded
対応機種:PC(Steam/Microsoftストア)/Xbox Series X|S/Xbox One
発売日:2022年9月28日
価格:4,290円
日本語:あり


Brotato

本作はとある惑星に墜落してしまったポテトを操り、迫りくるエイリアンの大群を蹴散らすアリーナ型ローグライトシューターです。いわゆる『Vampire Survivors』系タイトルで、自動で銃撃しながら四方八方の敵を倒しつつ、生き残りを目指します。火炎放射器からSMG、ロケットランチャー、棒や石といった多彩な種類の武器は一度に最大で6つ装備でき、使用できるキャラクターも数十種類が存在。1プレイは長くても30分以内で終わるため、カジュアルにプレイできるタイトルとなっています。

タイトル:Brotato
対応機種:PC(Steam
発売日:2022年9月28日
価格:520円
日本語:あり


Crypt

本作は遺跡の中を探索し、秘宝を探し出して脱出するアドベンチャーゲーム。脱出のためには鍵が必要となり、遺跡の中で様々なパズルを解いて集める必要があります。制作者であるYouTuberのValefisk氏曰く、本作はジョークとして制作しており、プレイが嫌になるようなゲームデザインになっているため、「ビデオゲームではなく心理的な拷問装置」であるとのこと。もし偶然Steamで本作を見つけても自身でのプレイはお勧めせず、何も知らない友人に遊ばせて嫌がらせするのが最適な使い方だとしています。

タイトル:Crypt
対応機種:PC(Steam
発売日:2022年9月28日
価格:無料
日本語:なし


Dome Keeper

ローグライクと採掘サバイバルが融合した本作では、地上のドームをエイリアンの度重なる攻撃から守るため、地下で採掘した貴重な資源を使い武器や道具、ドームをアップグレードしていきます。その過程では長きにわたり忘れ去られていた秘密や宝物を発見することもあり、プレイのたびにゲームのバリエーションが増えていくとのことです。

タイトル:Dome Keeper
対応機種:PC(Steam
発売日:2022年9月28日
価格:1,730円
日本語:あり




※UPDATE(2022/9/30 21:36):『Dome Keeper』の価格を修正し、再公開しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。

《neko》

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集