インディーズにとって有用な資金確保手段…旧『X-COM』開発者がEpic時限独占について語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

インディーズにとって有用な資金確保手段…旧『X-COM』開発者がEpic時限独占について語る

なお、独占解除が宣伝の機会になることなどもメリットとして挙げています。

ニュース ゲーム業界
インディーズにとって有用な資金確保手段…旧『X-COM』開発者がEpic時限独占について語る
インディーズにとって有用な資金確保手段…旧『X-COM』開発者がEpic時限独占について語る 全 2 枚 拡大写真

『XCOM: Enemy Unknown』の元になった『X-COM: UFO Defense』のクリエイターであり、現在Snapshot GamesのCEOであるJulian Gollop氏は、“Epic Gamesストア時限独占販売”に関する見解を海外メディアと通じて語りました

過去、『Phoenix Point』をEpic Gamesストアにて時限独占販売したSnapshot Gamesですが、当時は時限独占について「多くの反感があった」一方、Epic Gamesによる取り組みは「インディーズにとって素晴らしいものである」といいます。

『Phoenix Point』の時限独占が決定した際のアナウンスメント。

Gollop氏によると、様々なストアでリリースすることは“(ユーザーからの)見つけやすさ”に関わる一方、そもそもゲームをリリース可能な状態まで資金を確保するのは「そう簡単にはいかない」とのこと。そんな中、EpicGamesとの契約はインディーズスタジオにとって資金調達の手段であり、実際に自社にとっても「ゲームのクオリティ向上」や「コンテンツ充実」といった恩恵があったそうです。

また同氏は、時限独占中はEpic Gamesが出来るだけタイトルが人目に触れるように保証している点や、独占解除後の「2度目の発売」はデベロッパーとパブリッシャーにとって宣伝の機会となることをメリットとして挙げています。


Logicool G PRO X ゲーミングヘッドセット G-PHS-003
¥10,364
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《ケシノ》

ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集