原材料不足に苦しんできた「Steam Deck」から嬉しいお知らせ!「問題の多くは徐々に解消」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

原材料不足に苦しんできた「Steam Deck」から嬉しいお知らせ!「問題の多くは徐々に解消」

日本からの予約は年内を検討しているという告知が3月にされていました。

ゲーム機 ハードウェア
原材料不足に苦しんできた「Steam Deck」から嬉しいお知らせ!「問題の多くは徐々に解消」
原材料不足に苦しんできた「Steam Deck」から嬉しいお知らせ!「問題の多くは徐々に解消」 全 2 枚 拡大写真

Valveは、携帯型ゲーミングデバイス「Steam Deck」の生産に関して「嬉しいお知らせ」を発表しました。

「Steam Deck」はSteamを介してゲームを購入・ダウンロードし遊ぶことができる携帯型デバイス。原材料不足によって注文するために予約キューを登録して待たされる状況となっていましたが、6月には増産の報告もされていました。

今回「嬉しいお知らせ」として発表されたのは、想定より早く「Steam Deck」を届けられるという内容。Steam上での発表によると「出荷に影響を及ぼしていた原材料不足によるサプライチェーンの問題の多くは徐々に解消」しつつあるとのことです。それによって同製品の生産は「かつてない速さ」となっていることも明かされています。

またあわせて予約枠が更新されたことも記されており、現在予約キューを登録している人には今年中に注文メールが送られるとしています。さらに「第4四半期以降」の予約は「第3四半期(7月~9月)」に変更され、それ以外は「第4四半期(10月~12月)」となるとともに、新たな予約は第4四半期グループに入ることになるとの告知もされています。

なお3月には、「Steam Deck」の日本からの予約は2022年内が検討されていると発表されていました。


《いわし》

いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集