なんやかんやで生き残れ!!ポイント&クリック2Dアドベンチャー『McPixel 3』【Steam NEXTフェス】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

なんやかんやで生き残れ!!ポイント&クリック2Dアドベンチャー『McPixel 3』【Steam NEXTフェス】

20秒で危機を乗り越えろ! おバカながらもやりこめる、ポイント&クリックアドベンチャーです。\McPixel!/

連載・特集 プレイレポート
なんやかんやで生き残れ!!ポイント&クリック2Dアドベンチャー『McPixel 3』【Steam NEXTフェス】
なんやかんやで生き残れ!!ポイント&クリック2Dアドベンチャー『McPixel 3』【Steam NEXTフェス】 全 29 枚 拡大写真

日本時間の2月22日(火)から3月1日(火)まで開催中のSteam NEXTフェス。これからリリースされるたくさんのゲーム達の体験版をプレイできるほか、開発者のライブストリーミングなどが行われる、注目のイベントです。

そんな数あるゲームの中から今回は、Sos Sosowski氏が開発を手掛け、Devolver Digitalがパブリッシングしている2Dのポイント&クリックアドベンチャー『McPixel 3』のデモ版をプレイしたので、その様子をお届けします。

『McPixel 3』とは―っていうか「2」は?

『McPixel 3』はSos Sosowski(Mikolaj Kaminski)氏によって2012年に開発された『McPixel』の待望(?)の続編、二作目にあたる作品です。前作から10年の月日が流れ、今回発表された『3』ですが…ん?『McPixel 3』なのに二作目…?

なんと『McPixel 2』は存在せず、すっ飛ばして『McPixel 3』の発表となりました。これについて、パブリッシャーであるDevolver DigitalはTwitter上で「ノーコメント」と反応。いったいどこに行ってしまったのでしょうか。

肝心のゲーム内容ですが、制限時間内に様々な場所やアイテムを調べて危機を乗り越える、ポイント&クリック型の2Dアドベンチャーとなっています。いくつかのステージが用意されており、アイテムや調べた場所でその後の結末が変化していきます。中には突然、別のミニゲームが始まる選択も。製品版では「心揺さぶられる100種類のステージ」と「900個以上のジョーク」、「だいたい1500個ぐらいのアイテム」が存在するようです。

巻き起こる危機を乗り越えろ!実際にプレイ!

早速、実際に体験版をプレイしてみましょう!軽快でリズミカルなクセになるサウンドから始まる本作。タイトルが明けるとなにやらバーベキューをしている男性が。

調べられる箇所はこのように画面のカーソルが指のマークに変化し、クリックすることによって画面左の赤い服の男性が様々なアクションを起こします。バーベキューコンロの上のソーセージにカーソルが合ったので、クリックしてみることとします。食べるのかな…

なんと男性はあろうことかソーセージを手掴みし、そのまま自身のパンツの中へ。ソーセージが増えてしまいました。ソーセージが無くなったあとにコンロを調べると、顔面をコンロに強く打ち付けて顔が焦げるほか、隣の男性をクリックすると思いきりお尻を蹴り上げるなど、とんでもない暴挙に出ます。こういうゲームです。

マップを右に進むと駅に着きます。ここでは駅員さんが調べられるので、クリックしてみましょう…また蹴った!!と思ったら、駅員さんからの強力な反撃をもらってしまいました。これは痛い…。でも、こういうゲームです。駅員さんの横のドアを調べて車内に入ることで、ステージがスタートします。このゲーム、ここからですよ!

最初のステージは猛スピードで移動する列車の車内。しかしこの列車が進む線路は崩落しており、このまま列車を止めなければ乗客の命はありません。左上に表示されているのが制限時間で、時間内に何かしらのアクションを起こさねばなりません。

車内には鉢を持った女性、横たわる魚、そしてお爺さん…一体どうすれば!?とりあえず落ちている魚を拾って、女性の持っている鉢に帰そうと思います。魚を拾って…

水槽にドボン。お前が入るんかい!!

列車はそのまま制御しきれず、崖から転落していってしまいました。そりゃそうだ。このように選択した結果によって様々なイベントが起こり、それを回収していくことも目的のひとつです。

このステージで他には、魚を持ったままお爺さんをクリックすることでお爺さんに蹴りからの魚で追撃といったコンボを決めたりするほか、女性をクリックすることでカツラを引き剥がし、魚に被せるなど(ヅラだったんだ…)「アイテムを持つことで反応が変化する」という部分がエンディング回収のポイントとなっています。

無事に生き残るとそのステージは「SAVED」となり、一応のクリアとなります。どうやって列車を食い止めるのかは、実際にプレイして確認してみてください!目指せ100%クリア!

その他にもオフィスで働いている男性…の体内や、宇宙ステーション、いまにも墜落しそうな輸送機の中など、全部で6つのステージをデモ版ながらプレイできます。特に「輸送機」は選択肢が非常に多いので、やりこみがいがありますね。


今回は『McPixel 3』のプレイレポートをお届けしました!

おバカゲーながら、あれこれ試行錯誤を重ねてエンディングを回収していくのがだんだんとクセになってくる作品です。1ステージが20秒とテンポよく進んでいくので、暇つぶしにも最適と言えるでしょう!製品版の発売が楽しみです。

『McPixel 3』はPC(Steam)にて2022年に発売予定です。また、前作の『McPixel』も3月4日まで80%オフのセールが実施中で、99円でお求めいただけます。


《kurokami》

kurokami

チャーシュー麺しか勝たん kurokami

1999年生まれ。小さい頃からゲームに触れ、初めてガチ泣きした作品はN64の『ピカチュウげんきでちゅう』です。紅蓮の頃から『FF14』にどハマりしており、Game*Spark上ではのFF14関連の記事を主に執筆しています。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集