『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作!

あくまでも非公式のファンアート。

ゲーム文化 カルチャー
『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作!
『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作! 全 1 枚 拡大写真

昨年リリースされ高評を得た『ベア・ナックルIV(Streets of Rage 4)』の開発元Lizardcubeが、SNKの対戦格闘ゲーム『餓狼 MARK OF THE WOLVES』の続編のコンセプトアートを独自に制作。その過程を収めたタイムラプス動画とともに披露しました。

『餓狼 MARK OF THE WOLVES』は1999年にアーケードで登場し、その後さまざまな機種に移植された作品。続編の開発も進められていたものの旧SNKの倒産によりキャンセルされてしまい、その後再開すること無く現在に至ります。今回制作されたコンセプトアートで描かれているBoss Furというキャラクターは、公式の続編に登場予定であったキャラクターとのことです(実際の名前はドルビック・ボーン)。

PS4/PS Vita版『餓狼 MARK OF THE WOLVES』トレイラー

今後の計画は不明ですが、実際に続編の登場を望むファンは多いのではないでしょうか。

《RIKUSYO》

RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]