ランキング 特集記事 漫画 PCゲーム PS4 Xbox One ハード カルチャー e-Sports VR インディーゲーム 海外レビュー ゲーム業界 インタビュー 読者の声 大喜利 セール情報 今週発売のゲーム げむすぱ放送部

みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場

本日より正式にワークショップ機能が実装されたBlizzard Entertainmentのチーム対戦シューター『オーバーウォッチ』。この機能を利用して、カードゲーム『UNO』が遊べるゲームモードを制作したユーザーが現れました。

[Workshop] UNO Update 2.0 | Over 50 new locations on 25 maps! from r/Overwatch

海外ユーザーのochotonidaさんは、『オーバーウォッチ』に実装されたワークショップ機能を用いて、『UNO』が遊べるゲームモードを制作しました。

これまでもレースゲーム『Portal』の再現など、様々に工夫された遊びが展開されてきたワークショップ。ochotonidaさんによって制作された「UNO」では、文字通りゲーム内で「UNO」をプレイできます。

このゲームモードでは、全てのヒーローをアバターとして使用できるほか、25のマップから50のロケーションを選んでステージとすることが可能。エモートやスタンプを使用することもできるため、チャット以外のコミュニケーションも図れます。

このほか、スキップされるプレイヤーは「凍結」、他プレイヤーにカーソルを当てることで残カード数が頭上に表示されるなど、ゲーム展開をわかりやすくする工夫もなされているため、快適にプレイすることができるということです。

自分好みのキャラクター、かつ慣れ親しんだ『オーバーウォッチ』のマップで『UNO』を楽しんでみるのも面白いかもしれません。このモードが気になる方は、共有コード「WMVZC」で遊ぶことができるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

《text:杉元悠》