SCARZが『LoL』部門を一時休止―LJLはBurning Coreとして出場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

SCARZが『LoL』部門を一時休止―LJLはBurning Coreとして出場

SCARZは、『リーグ・オブ・レジェンド』(League of Legends)部門を一時休止すると発表しました。

ゲーム文化 e-Sports
SCARZが『LoL』部門を一時休止―LJLはBurning Coreとして出場
SCARZが『LoL』部門を一時休止―LJLはBurning Coreとして出場 全 2 枚 拡大写真
SCARZは、『リーグ・オブ・レジェンド』(League of Legends)部門を一時休止すると発表しました。

SCARZは、2月7日にSCARZ-LoLとBurning Coreと合併する形で、2部リーグ「LJLCS 2018 Splint Split」を「SCARZ Burning Core」として戦い、「LJL 2018 Promotion Series」に勝利し、1部リーグである「LJL 2018 Summer Split」へと昇格しました。しかし、Summer Split開幕を前に、SCARZは『LoL』での活動を一時休止することを決定し、Burning Coreとして活動していくことを発表しました。

また、Burning Coreからも発表がなされており、SCARZの所属であったMidレーナーのROKI選手は、本人の希望でBurning Coreへと移籍するとのこと。さらにSCARZ Burning CoreではSCARZのロゴが使用されていましたが、Burning Coreのロゴを一新し、新ロゴで運用されるとのこと。


Burning Coreからは新ロゴについて以下のような声明が発表されています。

選手を護る盾でありたい。
また、護るだけでなく攻める姿勢を持ち、「Burning Core」の名前に同じく、内なる情熱をエネルギーに変えてLJLへ挑みたい。
そんなチームの想いが形(ロゴ)になりました。

Dara選手引退の一件もあり、選手のケアを強く意識したコメントにも受け取れますが、再び1部リーグに帰ってきたBurning Coreの活躍に期待したいところです。

《kuma》

この記事の写真

/

評価の高いコメント

コメント投稿