海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。DANGEN Entertainmentブースでは、海外の注目作や、意外な作品のスイッチ版などが展示されていました。

ゲーム文化 イベント
海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】
海外最新インディーから意外な移植作まで、DANGEN Entertainmentブースレポ【BitSummit Vol.6】 全 9 枚 拡大写真

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。DANGEN Entertainmentブースでは、海外の注目作や、意外な作品のスイッチ版などが展示されていました。





同ブースで展示されていたのは、完成も迫るアクションRPG『CrossCode』や、4人対戦可能なスポーツテーマの対戦ミニゲーム集『Super Sportmatchen』、ドット絵横シュー『Devil Engine』などバリエーションに富んだタイトルたち。



他にも高難易度FC風アクション『Brave Earth: Prologue』や、GB風格闘ゲーム『Pocket Rumble』といったタイトルが同ブースでは展示されていましたが、特に目を引いたのはニンテンドースイッチ版『Zen Bound 2』。


同作は、2010年に発売されたパズルゲームで、所定の条件を満たしながら物体に紐を巻き付けて行く内容。Steamのゲームタイトル数がまだ非常に少なかった時期で、インディーゲームも今ほどに注目される以前の作品であるため、中々に“懐かしい”と感じるユーザーも少なくないのではないでしょうか。

今回、同作はスイッチ版ということで、ジョイコンを用いた新たな操作性と、そのHD振動による操作感は全く別のゲームを楽しんでいるかのよう。既存のユーザーでも十分に楽しめるようになっていました。


ブースでは、そのユニークかつユーモラスな内容に注目集まる3D格闘ダンジョンRPG『FIGHT KNIGHT』も展示。多くの参加者が足を止めて様々なゲームに触れていました。

《Arkblade》

この記事の写真

/

特集

コメント投稿