新作サンドボックスサバイバル『Outpost Zero』発表―働くロボとなって惑星開拓 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

新作サンドボックスサバイバル『Outpost Zero』発表―働くロボとなって惑星開拓

tinyBuildは、AIロボとなり、人類と、自身の同僚となるAIロボのための居住地を建築していくPC向けサバイバルFPS『Outpost Zero』を発表しています。

PC Windows
新作サンドボックスサバイバル『Outpost Zero』発表―働くロボとなって惑星開拓
新作サンドボックスサバイバル『Outpost Zero』発表―働くロボとなって惑星開拓 全 4 枚 拡大写真

tinyBuildは、AIロボとなり、人類と、自身の同僚となるAIロボのための居住地を建築していくPC向けサバイバルFPS『Outpost Zero』を発表しています。


Symmetric Gamesが手がける同作では、プレイヤーは地球から送られたAIロボとなり、危険に満ちた惑星を開拓していくことになります。特徴として、防衛だけでなく、敵の拠点などへの襲撃も含む戦闘行為が中心となっていることと、基地の建設によるリソースの確保や様々なアイテムの生産、そして、プレイヤー以外に共に星を開拓していくAI居住者を製作可能な部分が挙げられています。


AI居住者には様々な命令を出して働かせることができる他、プレイヤーを含めて装備のアップグレードなどの要素もあります。また、AI居住者たちのモラルを維持し、ロボット社会を構築していくことにもなるようです。


公開されたトレイラーにはプレアルファ版のプレイ映像も含まれており、基地の建設や、仲間AI居住者の生産、そして戦闘などを確認することが可能となっています。


『Outpost Zero』は2018年にPC向けに発売予定。なお、マルチプレイの有無などについては分かっていません。

《Arkblade》

この記事の写真

/

評価の高いコメント

コメントをすべて読む (全 4 件)

コメント投稿