『CoD: WWII』の課金要素が延期に-オンラインの問題解決を優先するため | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

『CoD: WWII』の課金要素が延期に-オンラインの問題解決を優先するため

家庭用ゲーム PS4

『CoD: WWII』の課金要素が延期に-オンラインの問題解決を優先するため
『CoD: WWII』の課金要素が延期に-オンラインの問題解決を優先するため 全 1 枚 拡大写真
Activisionから11月3日に発売された、人気FPSシリーズ最新作『Call of Duty: WWII』。課金要素となるルートボックスの導入が11月14日に予定されていましたが、予定日当日に開発元のSledgehammer Gamesは、導入が延期されるとReddit上で発表しました。

武器などの装備が手に入るルートボックスですが、導入は一週間後の11月21日に延期。理由としてはサーバーの増設や、接続障害などの対策を優先するためとしています。

FPSへの課金要素というと、どうしても「Pay2Win(勝つために課金が必要)」になるのではないかという不安がありますが、『CoD: WWII』で課金により手に入る装備は色違いなどの見た目が違うだけで、性能による差はないと以前公式が発表しています。

《シュナイデル関》

この記事の写真

/

特集

評価の高いコメント

コメントをすべて読む (全 16 件)

コメント投稿