【デジゲー博2017】東方Project、Steamへ―ZUN氏に気になるあれこれを直撃インタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

【デジゲー博2017】東方Project、Steamへ―ZUN氏に気になるあれこれを直撃インタビュー

ゲーム文化 カルチャー

【デジゲー博2017】東方Project、Steamへ―ZUN氏に気になるあれこれを直撃インタビュー
【デジゲー博2017】東方Project、Steamへ―ZUN氏に気になるあれこれを直撃インタビュー 全 3 枚 拡大写真

2017年11月12日に秋葉原にて開催された「デジゲー博2017」。同イベントには、先日、ついに初めてのSteam版が発表された人気同人ゲーム『東方Project』の上海アリス幻樂団も出展していました。会場では、『東方Project』原作者ZUN氏へ、Steamユーザーが気になるだろうあれこれについて、直接聞くことができましたので、本記事ではその内容をお伝え致します。

ZUN氏によれば、今回Steamで東方Projectを出すのにあたっては、Steamの基準緩和と「Steam Direct」の影響が強かったのこと。また、氏は、『東方天空璋』のSteam配信までの過程に苦労はなかったと話しています。

『東方Project』Steam配信においては、PlayStation向けに“Play, Doujin!”などを展開するメディアスケープ社が名を連ねています。これについては、Steam版は既存の東方本家の流通と異なる面もあるのではないか、と心配しているファンもいるかも知れません。ZUN氏の返答によれば、パブリッシャーが同社であるのは事務処理などの関係によるもので、各権限は今まで通り、Steam版においてもZUN氏が主に管理していく形であるとしています。

ブースは簡素ながら過去作の物販と、PC98時代に展開された、いわゆる“旧作”のプレイアブル展示がされていました

以前の記事でも取り上げた過去作のリリースについては、『東方天空璋』Steam版の反響次第で予定はあるものの、あくまで「できる範囲で行う」とコメント。例えば、Windows展開初作品で多数の人気キャラの初出となる、東方第6弾『東方紅魔郷』については、現世代のPCでは動作困難なため、「いわゆる“作り直し”に近い状態となってしまう為、難しい」という話でした。同じくWindows展開初期の作品については同様に不具合などの関係もあり、Steam配信を行えるかはわからない、としています。

なお、過去作を含めたSteam配信にあたっては基本的にはそのままの移植であり、改めての多言語対応や、Steam関連のコミュニティアイテム(トレーディングカードなど)の予定は今のところないとのこと。ただし、黄昏フロンティアとの共作となる『東方憑依華』などの一連の作品については、その限りではないということです。

第14.3弾『弾幕アマノジャク』の「デジゲー博」向け特別スコアアタックバージョン『弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ』もプレイアブルで展示

他にも、今回デジゲー博にてプレイアブル展示を行っていた、第14.3弾『弾幕アマノジャク』の特別スコアアタックバージョン『弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ』などは、まず『弾幕アマノジャク』本体のSteam配信が先決という話ながらも、同作Steam版配信時に“オマケ”としてつけることも検討しているとのことでした。

東方Project第16弾『東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.』Steam版は、2017年11月18日に配信予定です。

《Arkblade》

この記事の写真

/

評価の高いコメント

コメントをすべて読む (全 15 件)

コメント投稿