『オーバーウォッチ』にデスマッチモード搭載へ―ヒーロー調整とともにPTR実装 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

『オーバーウォッチ』にデスマッチモード搭載へ―ヒーロー調整とともにPTR実装

PC Windows

『オーバーウォッチ』にデスマッチモード搭載へ―ヒーロー調整とともにPTR実装
『オーバーウォッチ』にデスマッチモード搭載へ―ヒーロー調整とともにPTR実装 全 4 枚 拡大写真

Blizzard Entertainment手がけるFPS『オーバーウォッチ』のPC版PTR(Public Test Region)がアップデートされ、新たなモード「デスマッチ」「チームデスマッチ」がアリーナに追加されました。新マップやヒーローのバランス調整も加えられています。

ゲームディレクターJeff Kaplan氏による解説

    デスマッチモード
  • 8人のプレイヤーが20ポイントを獲得するまで対戦。
  • 対戦相手にファイナルブロウを与えると1ポイント獲得。
  • 環境ダメージ(崖からの落下など)や自爆ダメージで死亡すると1ポイント喪失。
  • 最初に20ポイントに到達したプレイヤーが勝利。
  • スコアは新しいスコアボードで表示される。

  • チームデスマッチモード
  • 4人のプレイヤーからなる2つのチームが、30ポイントを獲得するまで対戦。
  • 対戦相手にファイナルブロウを与えるとチームが1ポイント獲得。
  • 環境ダメージ(崖からの落下など)や自爆ダメージで死亡するとチームが1ポイント喪失。
  • リスポーンする前にプレイヤーが蘇生された場合、そのプレイヤーの死亡ポイントは敵チームのスコアから差し引かれる。
  • 最初に30ポイントに到達したチームが勝利。
  • スコアはデフォルトのスコアボードで表示される。


    両モードは既存マップに変更(エリアの制限、特別なリスポーンシステムの搭載など)を加えたマップで行われる。

  • Hanamura
  • Horizon Lunar Colony
  • Temple of Anubis
  • Volskaya Industries
  • Dorado
  • Eichenwalde
  • Hollywood
  • King's Row
  • Black Forest(TDMのみ)
  • Castillo(TDMのみ)
  • Ecopoint: Antarctica(TDMのみ)
  • Necropolis(TDMのみ)

  • デスマッチ用の新マップ: Château Guillard
    フランス南東部のアヌシー近くに位置する。何百年もの間、有力者ギラード家の邸宅であったが、革命後に力は衰え徐々に荒廃していった。そして邸宅は新たな所有者、テロ組織タロンのエージェント“ウィドウメイカー”を見つけた(ウィドウメイカーことアメリ・ラクワの旧姓はギラードであり、ギラード家の子孫)。


    ヒーローの調整

    ジャンクラット
  • コンカッション・マイン
    ・所持数が2個に。
  • RIPタイヤ
    ・タイヤの移動速度が30%アップ。
    ・ウォールクライミングの時間制限なし。

  • オリーサ
  • フュージョン・ドライバー
    ・弾速が20%アップ。
  • プロテクティブ・バリア
    ・バリアのサイズが20%アップ。
    ・バリアの形状が変更され、下方からの攻撃をカバーできるようになった。

  • ロードホッグ
  • テイク・ア・ブリーザー
    ・移動中に使用できるようになった。
    ・回復中の被ダメージを50%低減。

  • ウィドウメイカー
  • グラップリング・フック
    ・クールダウンが12秒か8秒に短縮。
  • ヴェノム・マイン
    ・影響を受けたターゲットが壁越しに見えるようになった(ウィドウメイカーのみ)

その他バグ修正など詳細なパッチノートは公式ブログにてご確認ください。これらの調整の正式実装時期は現時点で未定です。なお、ライバル・プレイのシーズン5は8月29日午前9時に終了し、9月1日午前9時からシーズン6が開始となります。


《RIKUSYO》

この記事の写真

/

特集

評価の高いコメント

コメントをすべて読む (全 22 件)

コメント投稿