『Horizon Zero Dawn』ディレクターが開発裏話や統計データ明かす【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

『Horizon Zero Dawn』ディレクターが開発裏話や統計データ明かす【UPDATE】

家庭用ゲーム PS4

『Horizon Zero Dawn』ディレクターが開発裏話や統計データ明かす【UPDATE】
『Horizon Zero Dawn』ディレクターが開発裏話や統計データ明かす【UPDATE】 全 1 枚 拡大写真

Guerrilla GamesのディレクターMathijs de Jonge氏はTwitterを通し、PS4向けタイトル『Horizon Zero Dawn』のプレイヤーデータ統計について報告しました。

海外リリースから一週間が過ぎた『Horizon Zero Dawn』ですが、Jonge氏のTwitterによれば140万匹以上の“サンダー・ジョー”、1億5,200万匹以上の“ウォッチャー”の撃破が確認されているとのこと。七面鳥に至っては2,000万匹、キツネは数百万匹のキルにまで到達しているのだとか。Jonge氏はファンからのリプライにも応じており、『Horizon Zero Dawn』開発初期段階では「銃」が実装されていたことにも言及。しかしながら、ゲーム性にマッチしなかったことからすぐに別の武器へと置き換えられたと述べています。

『Horizon Zero Dawn』は国内外で発売中。ディスク版/ダウンロード版共に6,900円で提供されています。

UPDATE(2017/03/14 15:14): ソースの内容に沿って本文を一部加筆・修正しました。

《subimago》

特集

評価の高いコメント

コメントをすべて読む (全 34 件)

コメント投稿