PS4システムソフトウェア「4.50」がまもなく海外配信―様々な新機能が登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

PS4システムソフトウェア「4.50」がまもなく海外配信―様々な新機能が登場

家庭用ゲーム PS4

PS4システムソフトウェア「4.50」がまもなく海外配信―様々な新機能が登場
PS4システムソフトウェア「4.50」がまもなく海外配信―様々な新機能が登場 全 5 枚 拡大写真

PlayStation 4向けの「システムソフトウェア バージョン4.50 “SASUKE(サスケ)”」が、現地時間3月9日に配信となることが海外向けに発表されました。また、海外PlayStation.Blogでは以前紹介された機能とは別の、さらなる追加機能を紹介しています。

  • PS VRにおける2D画像の改善
    PS VRでゲームをプレイしてPS4のホーム画面に戻った際、テレビのソーシャルスクリーンの解像度が通常よりも低く見えていたが、このアップデートによって、VRモードでない場合はテレビ上のシステム画面の解像度が大幅に向上する。

    また、PS VRのシネマティックモードの解像度が向上。もしPS VRの画面サイズが“Small”あるいは“Medium”に設定されている場合は、シネマティックモードで表示されるコンテンツのフレームレートが90Hzから120Hzに上がる。

  • リモートプレイ用音声チャット
    Windows PC/MacまたはXperiaデバイスでのリモートプレイに音声チャットを追加。リモートプレイアプリケーションのツールバーから、マイクアイコンを通してマイクをオン・オフできる。


  • オフコンソールの可用性
    スマートフォンのような形状のアイコンを追加。これはプレイヤーがPSNにログインしているが、システムからは離れていることを示す。


  • ブーストモード(PS4 Proのみ)
    この機能はPS4 Proのより高速なCPUとより高速なGPUを利用するためのパッチが適用されていない、レガシータイトルのパフォーマンスを向上させるよう設計。

    これにより可変フレームレートを持つゲームでは著しくフレームレートが向上し、30Hzまたは60Hzで動作するようプログラムされたゲームではフレームレートが安定する。ゲームによってはCPU速度が上がるとロード時間が短縮されることもある。

    ブーストモードはすべてのタイトルで動作するとは限らない。設定をオフにすると標準のPS4を再現するモードでゲームがプレイ可能。


  • PS MessagesやPS Communitiesアプリの更新
    PS Messages(Android/iOS)とPS Communities(Android/iOS)に新機能を追加するアップデートも同日に実施予定。

    ・PS Messagesでフレンドからパーティの招待を受け取った際に、「後で参加します」あるいは「ごめんなさい、参加できません」とクイックリプライが可能。

    ・PS Communitiesアプリの設定からPSNサービスの状態が確認可能に。

    ・iOSユーザーは、PS Communitiesアプリのバッジ(アプリアイコンの右上に表示される赤丸の数字)で、コミュニティへの新しい投稿を一目で確認することができる。


なお、記事執筆時点で国内向けの配信日は伝えられていません。

《RIKUSYO》

この記事の写真

/

評価の高いコメント

コメントをすべて読む (全 20 件)

コメント投稿