海外版くにおくん新作『River City Ransom: Underground』Steam配信!―日本語にも対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

海外版くにおくん新作『River City Ransom: Underground』Steam配信!―日本語にも対応

PC Windows

海外版くにおくん新作『River City Ransom: Underground』Steam配信!―日本語にも対応
海外版くにおくん新作『River City Ransom: Underground』Steam配信!―日本語にも対応 全 13 枚 拡大写真

名作アクションPRG『ダウンタウン熱血物語』の海外版新作、『River City Ransom: Underground』がSteamで配信開始となりました。Kickstarterのバッカーにもキーが配布されています。


海外版『熱血物語』こと『River City Ransom』は設定が一部異なっており、主役は“くにお”と“りき”ではなく、“アレックス”と“ライアン”。『River City Ransom: Underground』は前作『River City Ransom』から20年後を舞台にしています。

    ファミコン時代の人気アクションゲームが帰ってきたぜ!

    学校の屋上でスリックを倒してから、長い年月が経った。アレックスとライアンは再び、戦いに巻き込まれてしまう。新たな仲間と協力し、リバーシティの悪党達を蹴散らしながら、悪意が満ちる誘拐事件を解決しようとする。金を稼ぎ、技の開放やアップグレードをしながら、混乱に堕ちた街を探り回る。この近代化されたクラシックには500以上の技、武器、シークレットなどあり、ボーナスの闘技場モードまでプレイできる。

    要素:
  • 最大4人のオンライン協力プレイと闘技場デスマッチ
  • リバーシティの新たな物語
  • 10人のプレイ可能なキャラクターには一人一人の個性やプレイスタイルがある
  • 140のステージには危険やシークレットなど隠されてる
  • 22の店ではキャラクターのアップグレードができる
  • 闘技場のマルチプレイでチームを選び、モデファイアーやCPUプレイヤーも使える
  • 勇者か悪党として遊べる:おまえは全44人のファイターを解放できるか?


対象プラットフォームはPC/Mac/Linuxで、価格は通常1,980円(3月7日までは20%オフの1,584円)。なお、今後の展開についてはKickstarterのアップデートにて次のように伝えられています。

  • Steamキー+DLC:
    バッカー向けのキーをできるだけ早くリリースできるよう取り組んでいる。最初にベースゲームのキーを、その後適切なレベルでバッカー特典のDLCキーを配布予定。
  • 非Steamでの販売:
    残念ながら現時点で非Steam版の販売プラットフォームが見つかっていない。自動アップデートを提供するソリューションを強く望んでいるが、もしそれがすぐに見つからなければ独自に行う。
  • デジタルマニュアル/コミック/壁紙/地図/OST:
    現在も作業に取り組んでおり、準備ができたらすぐに情報を伝える。これらはバッカープレビューポータルで配布する予定。
  • 物理版CD/物理版OST:
    Steamで“ゴールドマスタービルド”が安定したらすぐにディスクを生産し、出荷時に改めて発表する。
  • Mod:
    ローンチの状況が一段落したら整理を行い、Modに関する情報を伝える。一般公開の前にバッカーフォーラムで公開される可能性が高い。

国内くにおファンも注目の『River City Ransom: Underground』。なお、本作は日本語にも対応しています。

《RIKUSYO》

この記事の写真

/

評価の高いコメント

コメントをすべて読む (全 8 件)

コメント投稿