29年前のソフト『超惑星戦記 メタファイト』グリッチが偶然発見?再現方法不明… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

29年前のソフト『超惑星戦記 メタファイト』グリッチが偶然発見?再現方法不明…

ゲーム文化 レトロゲーム

29年前のソフト『超惑星戦記 メタファイト』グリッチが偶然発見?再現方法不明…
29年前のソフト『超惑星戦記 メタファイト』グリッチが偶然発見?再現方法不明… 全 2 枚 拡大写真
左の画面がSkavenger216氏

1988年にサン電子よりファミリーコンピュータ向けに発売されたアクションゲーム『超惑星戦記 メタファイト(Blaster Master)』。本作のグリッチが意図せず発見される珍しい出来事が海外ゲームイベントで発生しました。

29年前のゲームのグリッチが発見されたのは、現地時間1月15日まで開催中の海外ゲームチャリティイベント「Games Done Quick」にて行われたShiningdragoon氏とSkavenger216氏の『超惑星戦記 メタファイト』スピードラン対決内(Any%)。先行されていたSkavenger216氏が、2面のボスCrabullusに挑もうとしたところ、部屋には敵を倒した際にドロップするはずの武器のみが鎮座しています。


これには、プレイヤーはもちろん、観客も驚きを隠せない様子。海外メディアMashableによれば、結局Skavenger216氏は大幅な時間短縮となったこのグリッチを活かせず、Shiningdragoon氏の46秒後にクリアしたそう。このグリッチの再現方法は分かっていないようで同メディアは、この再現方法が分かればスピードラン時間を削られるだろう、と伝えています。

《秋夏》

この記事の写真

/

評価の高いコメント

コメントをすべて読む (全 6 件)

コメント投稿