携帯Steam機「SMACH Z」で『Fallout 4』や『GTA V』は遊べるのか?―LowSpecGamerがチェック! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

携帯Steam機「SMACH Z」で『Fallout 4』や『GTA V』は遊べるのか?―LowSpecGamerがチェック!

ゲーム機 ハードウェア

携帯Steam機「SMACH Z」で『Fallout 4』や『GTA V』は遊べるのか?―LowSpecGamerがチェック!
携帯Steam機「SMACH Z」で『Fallout 4』や『GTA V』は遊べるのか?―LowSpecGamerがチェック! 全 2 枚 拡大写真

現在Kickstarterキャンペーンを実施中の携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」。本機ではSteamゲームが手軽に遊べるため注目している方も多いでしょう。しかし、気になるのはどれほどのパワーを持っているのかということ。そこで、海外YouTubeチャンネルLowSpecGamerが、SMACH Zの最終ハードウェアプロトタイプでいくつかのゲームの動作確認を行いました。



  • Rocket League』(1080p)
    ・ビデオ設定を全て最低にした状態で 45~50fps。
    ・さらに設定ファイルでテクスチャの品質を大きく下げ、いくつかのエフェクトを無効にすると ~62fpsに。

  • The Elder Scrolls V: Skyrim』(720p)
    ・ビデオ設定を全て最低にした状態で 30fps前後(オープニングシーン)。
    ・設定ファイルで影の解像度および描画距離を調整すると ~38fpsに。

  • Fallout 4』(720p)
    ・ビデオ設定を全て最低にした状態で 22~28fps。
    ・設定ファイルでフェード距離と影の解像度を調整すると 30~40fpsに。

  • Portal 2』(1080p)
    ・このハードウェアにおけるデフォルトの高設定で 50~55fpsを記録。
    ・さらにコンソールコマンドで影をオフにすると完全な60fpsを実現。

  • Grand Theft Auto V』(720p)
    ・ビデオ設定を全て最低にした状態でのベンチマークは 25~30fps。
    ・設定ファイルで影を無効にすると 30~39fpsに。

設定を下げてはいるものの、『Skyrim』『Fallout 4』『GTA V』といった大作オープンワールドゲームが30fpsで動作するのは非常に魅力を感じますね。また、『Portal 2』の動作の軽快さには驚かされます。


SMACH ZのKickstarterキャンペーンは既に目標金額250,000ユーロを超える340,000ユーロ以上(記事執筆時点)を集めて成功。出荷はバッカー向けが2017年4月、一般市場向けが2017年Q1から2018年の予定となっています。

《RIKUSYO》

この記事の写真

/

評価の高いコメント

コメントをすべて読む (全 37 件)

コメント投稿