海外レビューハイスコア『Deus Ex: Mankind Divided』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

海外レビューハイスコア『Deus Ex: Mankind Divided』

連載・特集 海外レビュー

海外レビューハイスコア『Deus Ex: Mankind Divided』
海外レビューハイスコア『Deus Ex: Mankind Divided』 全 3 枚 拡大写真


GameGrin: 100/100(PS4)
IGN: 92/100(PS4/Xbox One/PC)


    小ぢんまりとした印象を感じるプロットを除けば、『Deus Ex: Mankind Divided』はすべての面で向上した素晴らしい後継作品と呼べる。

GamesRadar+: 90/100(Xbox One)


PlayStation LifeStyle: 90/100(PS4)
Giant Bomb: 80/100(PS4/Xbox One/PC)
GameSpot: 80/100(PC)


    良い点
  • 街の中枢はぎっしりと濃縮されていて、現実感も凄まじい
  • 探索しがいがある
  • メカニクスの豊富さは、すべてのシチュエーションにおいて満足度の高いプレイ方法を提供してくれている
  • 再プレイに挑みたくなるようなストーリー分岐とサイドクエスト

  • 悪い点
  • とっつきにくい複雑なシナリオ
  • オーグメンテーションのオーバークロック機能はガッカリするぐらい薄っぺらい

Game Informer: 70/100(Xbox One)
    ナラティブの面でしばしば辛く感じることもあり(とは言え面白かったりワクワクするような場面もあり得るのだが)、世界や舞台背景には沢山のものが詰め込まれている。今作は異なる世界の社会や主人公ジェンセンやすべてのキャラクターなど描こうと挑んでいて、結果的に単調なやり方をプレイヤーに押し付けてしまっている。ゲームが持つ難しいテーマを理解したいところだが、そのメッセージ性は時折明確かつハキハキしていながらも、テンポの遅いシナリオ展開のせいで台無しになってしまった。出だしの勢いは良いのだが、政治劇や未来技術の“バブル”の混乱が満ち溢れてしまうのだ。

VideoGamer: 70/100(PS4)
We Got This Covered: 70/100(Xbox One)
Trusted Reviews: 60/100(PC)


Hardcore Gamer: 60/100(PS4)
    『Deus Ex: Mankind Divided』は「使い回し」「一本道」「退化」を体現した典型的作品だ。特別な魅力を感じた過去作『Deus Ex: Human Revolution』とは比べたくもないが、『Deus Ex: Mankind Divided』は印象が薄く、焼き増したようなゲーム性と言える。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

海外で8月23日よりリリースされる『Deus Ex: Mankind Divided』の海外レビューをお届けしました。PS4版スコアは85点(総レビュー数30件)。Xbox One版では82点(総レビュー数8件)、PC版では84点(総レビュー数23件)をマークしています。


クールなサイバーパンク的世界観に数々の新要素を盛り込んだシリーズ最新作ですが、その舞台となる町並みや重厚なストーリーは軒並み高評価。100点連発とまでは行かないながらも、多くの大手メディアから90点超のスコアを受けた本作は、そのゲームシステムやキャラクターアニメーションも含むビジュアル面の魅力、リプレイ性の高さにおいて上々な仕上がりになっていることが伺えます。


しかしながらその世界観を描くためのシナリオ面がマイナスになったのか、一部レビューでは点数が控えめ。「複雑」「テンポが悪い」「とっつきにくい」といったワードが目立つ結果となってしまいました。


『Deus Ex: Mankind Divided』は、PS4/Xbox One/PCを対象に、海外で8月23日発売予定。国内向けPC版(Steam)解禁日は8月24日に設定されています。なお、日本語版リリースについてはアナウンスされていません。

《subimago》

この記事の写真

/

特集

評価の高いコメント

コメントをすべて読む (全 37 件)

コメント投稿