Comic-Conにてスクエニ野村氏デザインのバットマンフィギュアを展示、召喚獣のような見た目に

Comic-Conにてスクエニ野村氏デザインのバットマンフィギュアを展示、召喚獣のような見た目に Comic-Conにてスクエニ野村氏デザインのバットマンフィギュアを展示、召喚獣のような見た目に
写真 2 枚 + 拡大する


現地時間7月24日より開催されるSan Diego Comic-Con。本イベントにて『ファイナルファンタジー』シリーズなどでキャラクターデザインを手がけるゲームクリエイター野村 哲也氏がデザインしたVARIANT PLAY ARTS改のバットマンフィギュアが発表され、話題となっています。

スクウェア・エニックスが展開するアクションフィギュアVARIANT PLAY ARTS改。以前よりDCコミックスとのコラボレーションを行っており、スーパーマンなどがフィギュア化されていました。今回のバットマンフィギュアは野村 哲也氏がデザインを担当し、『FF』シリーズに登場するディアボロスのような見た目となったバットマンに仕上がっています。


Comic-Conで展示されるバージョンはプロトタイプで、発売時期や価格などは未定とのこと。バットマンフィギュアは野村氏がデザインした新ラインナップの一部であると伝えられており、他のキャラクターも野村氏デザインのフィギュアが計画されているようです。

《水京》

編集部のおすすめニュース

ニュースアクセスランキング

ページトップに戻る